新潟大学大学院医歯学総合研究科

お知らせ・最新情報

HOME > お知らせ・最新情報


2021/4/17

本日は、新潟歯学会総会です。

昨年は開催できませんでした。今回は、歯学部講堂での開催にはなりませんでしたが、関係者のご尽力で、場所を変え(会場参加者は極めて限定されていますが)、対面とオンラインのハイブリッドで実施されました。当分野も学会運営に関係する係として末席をけがしております。総会議事では、会務報告をやらせていただきました。

UP

2021/3/31

Discussion

質問も頂戴しました。テキスト型の質疑は、踏み込んだ話をやりにくいこともありますが、我々の動画をみてくださり、テキストで質問という手間をとってくださっていることに対しては心より感謝する次第です。頂戴した質問に対し、回答を作成しますと、あっというまに制限字数を超過しましたので、e-mailで、お返事しました。

議論の場が、大変少ない昨今ですが、こういう形式でも、知識や価値を共有できるチャンスをもらえたこと、さらにはこの機会に、研究内容を基点として、新たなつながりができたことは、心底、ありがたく、単純に楽しいことだと、思っております。

UP

2021/3/27

98回日本生理学会総会

昨年度大会同様、今回もWeb開催です。世の状況に、劇的な変化があったかどうかは微妙な一方、過去1年、オンライン講義などで培ってきた工夫を通して、進化した部分もあるかとおもいます。

我々の発表は3/29です。

ポスター発表の場合、使う媒体は、従来のポスター形式またはスライド口演形式(5分間で説明)ですが、5分間の説明を媒体に録音します。ポスター形式では、指定された時間にテキストで質疑応答します。Stay Lab.な中、日頃の研究成果を公表する機会を与えてもらえることは、大変、有難いことです。

UP

2021/3/21

行動解析

生体機能の可塑的な変化を、個体レベルで具体的に示すことが、 disease-related modelの正当性を、説明します。行動的な視点から、それらを示せればと、重点的に取り組んでいます。

リアリティーはと申しますと;世の中から隔絶された、密閉空間で、ひっそりと、です。とにかくtime consumingな作業です。近未来、目の当たりにする景色を想像しつつ、今日も、心にほむらをともしております。

UP

2021/3/9

気がつけば

3月に入っていました。最後に県外に出たのが1年と1ヶ月前、時間が経つのは、早いです。

地味にいろいろチャレンジしております。

UP

2020/12/28

仕事納め

今年も気がつけば、今日になりました。仕事納めの日です。先ほど、お隣の先生方と話しました。結局、かれこれ1年近く、一度も県外に出ることがなかった、という特殊な一年だった、という点で一致しました。授業もwebになったり、学会が中止またはwebになったり。これもまた part of lifeです。今年ほど学内外を問わず、人と会わなかったシーズンはなかったです、などと言いながらも、時間だけはあっという間に過ぎていきました。

来る1年、何が待っているのか?まさに神のみぞ知る、です。しかし皆様にとって、よりいい日々になることを、心よりお祈りします。

UP

2020/10/16

よくわからないので、

教科書に載っているような景色が見られるかテストしました。

結果は、そのとおりでした。

UP

2020/10/15

人見知り?

人見知りというのは、大人には当てはまらない用語だそうです。もし相当する言葉をあげるなら、照れ屋、とか、恥ずかしがり屋さん、になるとか。Social Interactionを観察しています。ある種の心理状態になると、 Social Interactionが低下してしまう、みたいな話で、いろいろ調べています。もちろんこの類のテストでは、ある種の心理状態になってしまう前の状態でもテストします。たいてい Social interactionは良好です。しかし別の個体群でテストしても、一定の割合で、最初から Social interactionが、ドラマティックに低い個体がいます。こういうのは例外だ、と思ってみたりしていました。正直、結果にバラツキを生む厄介な存在です。しかし近頃、もしかしたら、元々、恥ずかしがり屋?な個体がいるのでは?と、思いはじめました。とはいえ、この場合、何が原因でそうなるのか? epigeneticな変化なのか?その正体はわかりません。もし人見知りなら、なかなかステージに引きずり出すのは難儀かもしれません。

UP

2020/10/3

Step by Step.

実態のよくわからん環境変化が、どうやって生体機能に介入するのか?

UP

2020/9/21

歯科基礎医学会

本日から、我々の口演動画を視聴できます。内容をかなり絞り、また各種、ビデオを複数含めておりますので、専門外の方にもわかりやすい内容となっています。

UP

2020/7/17

追試

チャンレンジしております。

再現はできました。

UP

2020/4/14

Social Distance

設備面。他の分野で、使わせてもらっているものもありますが、最低限にさせていただいております。今は人の接点の頻度を最小化し、距離を最大化するエフォートが 、問題の解消に重要な手段であるのは、今更申し上げるまでもありません。

UP

2020/4/10

Attention, please!

歯学科の学生(2、3年)のみなさんへ:
ご存じのとおり新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、令和2年度前半の講義形式が、非対面式になりました。つまり例年、実施される講義室での授業の形式ではなくなります。生理学の受講方法については4月15日(水) 9:00〜 講堂で行われる説明会で文書を配付する予定です。

生理学については2年次で開講する生理学1と生理学2、3年次で開講する口腔生理学では同じ教科書を使います。医歯薬出版から発行されている基礎歯科生理学第7版(岩田幸一ら編集;ISBN: 978-4263458464) 定価10,000円+税です。シラバスには第6版を紹介しておりますが、今年4月に上記の新しい版になりましたので変更しました。注意してください。

いうまでもなく、今は、非常時です。今後、スケジュールを含め、突然、変更する可能性もあります。メーリングリスト、あるいは学務情報システムで連絡があるかも知れませんのでこまめに、確実にチェックしてください。

UP

2020/2/27

キャンセル

日本生理学会大分大会は中止となりました。

UP

2020/2/15

Sakuraサイエンス

この週末は、Sakuraサイエンスのプログラムの活動です。

新潟大学歯学部に来られた5カ国、計13名の方々と有意義な時間を共有させていただきました。

UP

2020/1/31

You! Run, as well.

New equipmentです。

君が走れ!と言われそうです。

UP

2020/1/25

うまみ

歯科医師にとっては深い理解の必要なフィールドです。例年、歯学科2年生対象の、生理学IIで、90分x2コマの味覚機能の講義を行ないます。専門的には旨味 vs うま味は、意味が違います。

過去2年、素晴らしい機会を頂戴しました。有難うございました。

UP

2020/1/22

Sleep

今週の大学院連続講義は、大阪大学歯学部生理の加藤先生でした。 Sleep ブラキシズムはレム睡眠中、ノンレム睡眠中のどっちで起こる?論争、おもしろいです。

睡眠研究のおもしろさは、いつもながら強く感じます。一方で、人が寝ている時間が研究対象時間になるという、睡眠研究の大変さもまたひしひしと伝わってきました。

UP

←前の頁 次の頁→